増改築・リフォーム専門のリフォーム会社です。埼玉県・東京都を中心に、関東一円対応可能です。

フリーダイヤル:0120-010-470

床材の種類と特徴

床の種類と特徴

 床材を大別すると、主に木質系、樹脂系、繊維系等があげられます。
木質系は、フローリング床やコルク床が含まれます。
樹脂系は、主にクッションフロアが含まれます。
繊維系は、主にカーペットが含まれます。
その他、ゴム製の床材やタイル床といった素材があります。

フローリング

 フローリング(木質系)には、木材を継ぎ合わせた単層(無垢)フローリングと、表面に薄い表面材を合板に張り合わせた複合フローリングに分けられます。
 単層フローリングは、原木を切断し加工したものです。木材の種類によって、強度やコストが異なります。広葉樹(ケヤキやナラなど)は重くて硬いものが主流で、強度がありキズが付きにくい素材です。 ウレタン塗料などで表面処理を施したものが多く流通しています。 針葉樹(杉やヒノキなど)は、基本的には軽くて柔らかく手触りの良いものが主流です。また、広葉樹と比べて比較的に安価である反面、その柔らかさから傷がつきやすい素材です。 表面処理を施さずそのまま使用したり、現場で直接自然塗料などを施します。 単層フローリングは1枚が幅広のものほど希少なため、高価になります。
 複合フローリングは、基材に合板や繊維板に薄い木材を張り付けたものです。単層フローリングと比べて狂いが少なく、取扱いが容易なため、一般的な住宅の主流となっています。 基材に硬い素材を使用しているものを選択すれば、ヘコミが付きにくくなりますし、厚く表面処理の塗装を施したものであれば、キズが付きにくくなります。 また、高い耐水性能を持つものであったり、床暖房に対応したもの、遮音に優れたものなど、メーカーによっても豊富な種類があります。 デザイン性についてもバリエーションが豊富にあることが大きな特徴です。

コルク床


出典:東亜コルク株式会社

 コルク床の形状として、コルクタイル、フローリングタイプ、シートタイプと様々な形状があります。 コルク床は弾力性がありますので、転倒しても衝撃が和らげる効果があります。また、非常に滑りにくい素材であり、保温性についても高い為、人にとってとても優しい素材といえます。 価格についても経済的ですので、リフォームにもDIYにも使えます。

クッションフロア


出典:サンゲツ

 クッションフロアは、中間層に発泡プラスチックなどのクッション性のある素材をはさんだ、シート状の床材です。表面には主に塩化ビニルを使用しています。 防水性の高さから、キッチンや洗面所やトイレなどの水回りによく使われています。また、取扱いが比較的容易で、汚れが落ちやすく保温効果にも期待ができます。 デザインが豊富にありますので、お好みのクッションフロアがきっと見つかるでしょう。 デメリットとしては、冷蔵庫などの重たいものを置いておくと痕が付きやすいです。 費用面では、安価な床材といえます。

カーペットタイル


出典:サンゲツ

 カーペットは代表的な繊維系の床材といえます。内装リフォームにおいてよく使用されるカーペットタイルは、特にオフィスや店舗での床材に多く採用されております。 カーペットタイルは正方形の形状で、必要に応じてカットし複数貼り合せて完成させます。基本的に下地の種類に影響されることなく施工ができます。 繊維の素材には、ウール、BCFナイロン、アクリル、ポリエステルが使用されています。 カーペットタイルは、保温性、耐火性、防音性に優れています。またデザインが豊富にありますので気に入ったデザインを選ぶことができるでしょう。