増改築・リフォーム専門のリフォーム会社です。埼玉県・東京都を中心に、関東一円対応可能です。

フリーダイヤル:0120-010-470

キッチンリフォーム

標準工事について >>

キッチンリフォームで使い勝手を向上させる

 ダイニングやリビングのリフォーム時にキッチンのリフォームも検討される方は少なくありません。
 キッチンのリフォームで大切なことは、第一に限られたスペースで如何に効率よく収納させられるかでしょう。キッチンでの作業はとても多くの調理器具を使うため、長く住めば住むほど調理器具の増加により、収納スペースは少なくなっていきます。収納機能が充実したシステムキッチンを選択したり、空いたスペースに収納場所を設けられれば使い勝手の向上が見込めます。
 次に、生活に合った配置にすることが重要です。たとえば、お子様が誕生するご家庭では、キッチンの配置を見直すことで安心して調理に当たれます。I型のキッチンで壁に向かって調理をする形では、調理をしながら部屋を広く見渡すことが難しいと思います。L型、Ⅱ型、アイランド型に配置を変更することで、お子様の様子を観察しながら調理することができますので安心でしょう。

キッチンの配置の型

キッチンの配置のレパートリーには、型名が名づけられています。システムキッチンには対応可能な型が決められていますので、商品を選択する前にどのように配置するか決めなくてはいけません。

Ⅰ型

 シンクと調理機器を壁に向かって横並びに配置しますので、窮屈に感じないように、間口のサイズをしっかり検討しなければなりません。

L型

 シンクと調理機器をお部屋の壁に沿って取り付けたり、1辺を部屋に突き出す形で配置することができます。Ⅰ型と比べて調理する人はキッチンを広く使え、また移動も短くて済みます。1辺を部屋に突き出す形で配置する場合には、キッチンルームが広くないと狭く感じてしまいます。

Ⅱ型

 シンクと調理機器が対面する形で配置します。調理する人は移動が最小限で済みます。キッチンルームの間取りによっては向かない場合があります。

アイランド型

 壁に沿って取り付けない為、調理する人は非常に自由に移動が可能です。また、複数人での調理に向いています。こちらもキッチンルームの間取りによっては向かない場合があります。

キッチンルームに最適な床材とは?

 キッチンルームの床は、水や油などがこぼれる為、非常に汚しやすいものです。その為、水、油、傷に強い素材で、尚且つ汚れが取れやすい素材を選ぶことが重要です。また、タイルやフローリングといった固い素材は、クッションフロアのような柔らかい素材と比べて、長時間キッチンで作業してみると分かりますが、足が疲れやすくなりますし、床が滑りやすいので、固い素材の床に貼り換えて後悔したという声を耳にすることがあります。よくキッチンを利用される方にとっては、キッチンの床は柔らかくある事が一番でしょう。
 最近多い、リビングとキッチンルームが一体化したお部屋となると、床の素材を場所によって切り替えるのは、統一感がなくなる為、見た目は悪くなってしまいがちです。すなわち、キッチンルームの床のリフォームの際は、統一感を重視するか、機能性を重視するかをしっかりと検討しなければなりません。