トイレリフォームは内装込みがおトク|埼玉・東京の費用事例

ポタポタ水漏れやウォシュレットの故障がきっかけでトイレリフォームを検討するときは、内装もセットで考えましょう。

壁紙やクッションフロアがそれほど汚れていないように見えても、トイレが新しくなると「やっぱりやっておけばよかった!」と思う方が多いです。

トイレと内装を同時にリフォームすると費用面だけでなく、さまざまなメリットもあるんです♪

後半ではトイレ+内装込みの費用事例も紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

■トイレ+内装込みリフォームのメリット

壁紙とクッションフロアを一新したトイレ

トイレ交換と内装貼り替えを同時に行うとなぜおトクなのか、個別リフォームする場合との違いを3つご紹介します。

 

・仕上がりがキレイ

トイレ交換と同時に内装貼り替えも行うと、床材を切れ目なく張ってから便器を置けるのでキレイに仕上がります。

便器を外さずにクッションフロアを張り替える場合、便器の周囲と裏側に切れ目が入ってしまいます。

すき間は埋めるので水は染みこみませんが、長年経つとシーリング材が変色して目立ったりカビの原因になったりするケースも・・・。

またどちらかだけ新しくなると、古い部分との対比が目立って後悔につながることも多いです。

見た目だけでなくお掃除のしやすさにも影響しますので、仕上がりを重視するなら床面だけでも一緒にリフォームするのがおすすめです。

 

・使えない期間短縮

トイレ交換と内装貼り替えを別のタイミングで行うとそれぞれ一日かかりますが、まとめれば両方一日で済ませられるのも大きなメリットです。

トイレが使えない日を短縮できますし、お仕事を休んで工事に付きそう場合はお客様の負担軽減にもつながります。

 

・費用を抑えやすい

一部屋の工事は、なるべくまとめて発注することで費用を抑えることができます。

トイレの脱着と内装の張り替えは別の職人が作業しますが、現場監督の人件費は削減できますよね。

工事前の近隣挨拶や発注、現場チェックなどが一度で済むので、個別にリフォームするより安く抑えられるのです。

製品のグレードや工事品質を落とさずコストダウンできるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

■トイレ+内装込みリフォームの費用事例

実際にトイレと内装工事を同時に行った事例の費用・工事期間をご紹介します。

単純な内装貼り替え、手すりの追加など、いろいろなバージョンがありますのでご自宅に近いものを参考にしてみてください。

 

事例①:15.6万円

内装込みのトイレ交換リフォーム

施工先 埼玉県入間市 Y様邸
施工内容 トイレ、壁紙、クッションフロア
工期 1日
費用目安 15.6万円
使用製品 LIXIL 組み合わせトイレ

事例を見る⇒入間市 トイレ リフォーム

 

リクシルのアメージュZとシャワートイレ、内装貼り替えのスタンダードなリフォーム事例です。

15.6万円のリーズナブルな価格で、トイレの内部を一新してデザイン・使い勝手・お掃除性を大きくアップ♪

 

事例②:約16万円

リフォーム後のトイレと内装

新しくなった二連ペーパーホルダー

施工先 所沢市 H様
施工内容 トイレ
工期 1日
費用目安 約16万円
使用製品 LIXIL製アクアセラミック便器・タンク KAシリーズ便座

事例を見る⇒所沢市 トイレ交換

 

こちらもスタンダードなタンク式トイレとシャワートイレのセット、内装、紙巻き器を一新した事例です。

トイレットペーパーのストックができる二連タイプの紙巻き器で、使い勝手もアップデートしています。

 

事例③:20万円

リフォーム前のトイレ

リフォーム後のトイレと内装

施工先 埼玉県狭山市 Y様邸
施工内容 トイレ交換、便座交換、紙巻き器交換、タオル掛け設置、壁紙交換、クッションフロア交換、ボード交換、コンセント移設、スイッチ交換
工期 1日
費用目安 20万円
使用製品 LIXILアメージュZ便器(YBC-ZA10H、YDT-ZA180H)、NEWパッソ(CW-EA23QC)

事例を見る⇒狭山市 トイレリフォーム

 

トイレ+内装にプラスして、下地ボードの交換やコンセントの移動なども実施した事例です。

水場であるトイレは湿気が溜まりやすく、下地が悪くなっているケースもあります。

内装と一緒に補修・交換すればまた長く使えますので、見えない部分も一緒にきれいにしましょう。

 

事例④:約23万円

タイル調クッションフロアと便器の組み合わせ

 

アンティーク調の紙巻き器

施工先 入間市 M様邸
施工内容 トイレリフォーム
工期 1日
費用目安 約23万円
使用製品 ピュアレストQR

事例を見る⇒入間市 トイレリフォーム

 

TOTOのピュアレストQRとタイル調のクッションフロアで、おしゃれなトイレに生まれ変わりました。

アンティーク調のタオル掛けとペーパーホルダーも、シンプルなトイレに彩りを与えてくれるアクセントに♪

 

事例⑤:27万円

アクセントクロスがおしゃれなトイレ

施工先 入間市 H様邸
施工内容 トイレ交換、壁下地工事、内装仕上、手すり、棚、塗装
工期 3日
費用目安 27万円
使用製品 アメージュZトイレ 便座CW-EA23QC

事例を見る⇒入間市 トイレリフォーム

 

内装貼り替えは、壁の補強をして手すりを設置するチャンスでもあります。

トイレ自体は長く使う場所ですから、将来を見据えて早めに手すりを設置しておくと後のムダな出費を回避できるのでおすすめ♪

アクセントクロス・棚板の塗装も行いスタイリッシュなトイレに生まれ変わりました。

 

 

■トイレリフォーム業者を選ぶポイント

リフォーム後の新しいトイレ

水回り設備であるトイレは、リフォーム業者の選定がとても重要になります。

金額の安さも大切ですが、次のポイントにも注目してリフォーム店を選んでみてください。

 

・家から近いか?

最近はインターネットを通じて遠くのリフォーム業者もたくさん見つけられますが、トイレ交換はなるべく自宅から近い店舗に相談するのが良いでしょう。

遠くから来る業者は移動時間やガソリン代が余計にかかりますし、工事のスケジュールや後のメンテナンス対応にも影響します。

目安としては、自宅から車で1時間前後の範囲内のリフォーム店を選ぶのがおすすめです。

 

・たくさん実績があるか?

トイレは金額・工事期間ともに比較的ハードルの低い工事ですが、リフォーム店の腕の差は大きく表れます。なるべく施工実績の多い水回り専門店を選ぶのが、トイレリフォーム成功のコツです。

施工経験の少ない職人だと施工後の水漏れリスクが増えますし、作業時間も長くかかります。

また同じトイレ製品でも、過去の実績が多いリフォーム店の方が、安く仕入れてリーズナブルな価格で販売できます。

施工事例をチェックして、水回り経験が豊富なリフォーム店に相談しましょう。

 

・アフターフォローはしっかりしているか?

最近のトイレはウォシュレットなどの電気部品が多く、初期不良や故障のリスクがあるのでアフターフォロー体制もチェックしましょう。

トイレ自体は20年前後使える設備ですが、細かいパッキンなどは10年前後で劣化します。

アフターフォロー体制がしっかりしていないリフォーム店だと細かい修理を頼みにくく、いざ水漏れが発生したときも困ってしまいます。

TOTOやリクシルのメンテナンス部門もありますが、本体の故障以外は対応できません。

水回りに故障やポタポタ水漏れはつきものですから、しっかり対応してくれる施工店を選びましょう。

 

■まとめ

長年使ったトイレを交換するときは、内装の張り替えも同時に検討してみて下さい。

後で張り替えるよりきれいに仕上がり、結果的にコストも抑えることができますよ♪

またトイレリフォームは施工店選びも重要ですから、価格と施工力、アフターフォローのバランスが取れた会社を選びましょう。

 

ハウスリンクの店舗

入間市を中心とした埼玉・東京エリアでトイレリフォームをご検討の際は、専門店のハウスリンクにご相談ください。

年間500件以上のリフォーム実績で培った施工品質と、自社施工による中間マージンのないリーズナブルな価格を両立しています。

ご相談やお見積もりは無料ですから、ご自宅の点検も兼ねてぜひお気軽にご相談ください。

ご相談訪問見積無料のバナー