埼玉県入間市のリフォーム専門会社です。増改築・リフォームの事ならハウスリンクにお任せください。

キッチンのリフォーム

システムキッチン工事について

キッチンは、換気設備・コンロ・シンクが一体型となったシステムキッチンと、それぞれ独立したものを組み合わせたブロックキッチンに分けられます。 ハウスリンクではそのどちらとも工事対応可能です。

住宅設備のカタログ上で選択しなければならないパーツが最も多いのがキッチンです。 ハウスリンクでは、その多岐にわたるプランを1つ1つの設備内容をわかりやすくお伝えすることを心がけ、ご希望通りのキッチンを入れられるようにしっかりサポートしていきます。

システムキッチンの費用について

キッチンをリフォームするには、統一感のあるデザインであるシステムキッチンが最もおすすめです。 デザイン性を重視しながらも最新のパーツを組み込むことができるので、理想のキッチンの一番近道であるものと考えます。 キッチンリフォームは各パーツの選択内容が住宅設備で最も多い為、お客様と十分に打ち合わせを行ったうえで着工いたします。

システムキッチン工事の目安

台所がキッチンを搬出搬入する為に障害となるものがない場合(綺麗に片付いている状態)です。

約40万円~

I型キッチンの交換 低グレード

約80万円~

I型キッチンの交換 高グレード

約50万円~

L型キッチンの交換

約60万円~

センターキッチンペニンシュラI型の交換

約80万円~

I型キッチン→センターキッチンペニンシュラI型(付帯工事込)

キッチンリフォームで使い勝手を向上させる

キッチンのリフォームで大切なことは、限られたスペースで如何に効率よく収納させられるかでしょう。キッチンでの作業は多くの調理器具を使うため、その収納スペースの確保が重要です。収納機能が充実したシステムキッチンを選択したり、空いたスペースに収納場所を設けられれば使い勝手の向上が見込めます。
 次に、生活に合った配置にすることが重要です。たとえば、お子様が誕生するご家庭では、キッチンの配置を見直すことで安心して調理に当たれます。I型のキッチンで壁に向かって調理をする形では、調理をしながら部屋を広く見渡すことが難しいと思います。対面式に配置を変更することで、お子様の様子を観察しながら調理することができますので安心でしょう。

キッチンの配置の型

キッチンの配置のレパートリーには、型名が名づけられています。システムキッチンには対応可能な型が決められていますので、商品を選択する前にどのように配置するか決めなくてはいけません。

Ⅰ型

シンクと調理機器を壁に向かって横並びに配置しますので、窮屈に感じないように、間口のサイズをしっかり検討しなければなりません。

L型

シンクと調理機器をお部屋の壁に沿って取り付けたり、1辺を部屋に突き出す形で配置することができます。Ⅰ型と比べて調理する人はキッチンを広く使え、また移動も短くて済みます。1辺を部屋に突き出す形で配置する場合には、キッチンルームが広くないと狭く感じてしまいます。

Ⅱ型

シンクと調理機器が対面する形で配置します。調理する人は移動が最小限で済みます。キッチンルームの間取りによっては向かない場合があります。

センターキッチンペニンシュラI型

対面式のキッチンです。構造壁がない所に配置します。

センターキッチン構造壁対応型

対面式のキッチンです。構造壁がある所に配置します。

アイランド型

壁に沿って取り付けない為、調理する人は非常に自由に移動が可能です。また、複数人での調理に向いています。こちらもキッチンルームの間取りによっては向かない場合があります。

キッチンのパーツ交換

レンジフード交換

6万円前後~

レンジフード単体での交換ですが、既設レンジーフードの横幅が60cm以下の古いタイプですと、吊り戸などを解体した上で取り付けとなりますので、コストが上がります。 プロペラファンの場合、フード内のファンだけの交換ができますが、電源は別でとるか、引き紐でのみ対応できます。 油汚れが溜まりやすい場所ですので、簡単に取り外しができて掃除のしやすいタイプのレンジフードがありますのでおすすめです。

ビルトインコンロ交換

6万円前後~

ガスコンロからガスコンロへの交換やIHコンロからIHコンロへ交換は6万円前後~で対応できます。 ガスコンロからIHコンロへの交換は、プラスで電気工事が必要になる為、1~3万円プラスになります。 IHコンロからガスコンロへの交換は、ガス管設置が必要になります。設置するガス管のm数により大きく価格が異なります。

ビルトイン食洗器取付・交換

9万円前後~

シンクの下にあるタイプの食洗器の交換は、同じサイズでの交換で対応できます。キッチンの奥行により入れられる機種が限定されます。 古いキッチンの場合、面材が廃版になっていると、食洗器の面材を同じデザインの面材にすることが出来ません。 近いデザインのもので対応します。

キッチンルームに最適な床材とは?

まず、キッチンの床をリフォームするタイミングとして、キッチン本体の交換と同時に行う事ができれば、費用面で効率のよいリフォームとなります。
最近のキッチン床材の選択肢で多いのは、フローリングかクッションフロアとなりますが、見た目や質感重視であればフローリング、機能性重視であればクッションフロアがおすすめです。

キッチンルームの床は、水や油汚れが付きやすい箇所です。

フローリングにする場合、汚れのつきにくいタイプのフローリングがありますので、そちらがおすすめです。

質感、見た目、多少の安っぽさというデメリットに目をつぶれば、実は、クッションフロアがもっとも適した床材です。 クッションフロアは、水、油に強い素材で、尚且つ汚れが取れやすい素材で、フローリングと比較して、安価で工事が出来、施工時間も短くて済みます。 また、フローリングと比較して張替えが容易にできますので、低コストで張替えができます。 長い目で見るとクッションフロアは、家具などの重たいものを置いていると跡になってしまうというデメリットがあるので、家具の配置替えを予定している際は注意が必要です。