ユニットバス工事で見積りに壁紙工事が含まれている理由

先日、清瀬市で洗面所とお風呂場の工事をさせていただきました。

 

お風呂のリフォームでユニットバス工事の説明の中で、度々お客様からご質問に上がるドア枠周りの工事の流れを撮影しました。

 

なぜ壁紙交換をしなくてはならないのかが良く分かると思いますのでご覧ください。

 

お風呂場解体前

ドア枠解体前の写真です。

 

ユニットバスを設置する為にはこのドア枠から撤去しないとユニットバスが設置できませんのでドア枠を解体していきます。

お風呂場解体後

ドア枠解体時は、ドア枠周りの壁にも影響が出ます。この現場はドア高を上げる為に天井付近まで解体しています。

ユニットバス取付後

ユニットバスの設置が完了した状態です。浴室ドアはユニットバスの一部です。ユニットバス本体に直接付きます。

 

洗面所の壁には付きません。

ドア周りの壁復旧後

石膏ボードで壁を復旧しました。

ドア枠設置後

ドア枠が入った状態です。

壁紙工事後

壁紙を貼って仕上げた様子です。

このように壁紙で仕上げるパターンがもっとも綺麗に仕上がりますが、ご予算の関係で壁紙工事をしなくても、以下のように巾木やパネルで仕上げることも可能です。