古いトイレを交換するメリット|おしゃれなトイレリフォーム事例

水量の多い古いトイレ

陶器でできているトイレは長く使える設備ですが、古い状態で使い続けるとさまざまなリスクやデメリットがあります。

目安として2030年経ったトイレは、交換するメリットが大きいのでリフォームを検討しましょう。

今回は古いトイレを交換するメリットや、同時に検討すべきリフォームなどを解説します。

実際のトイレ交換費用事例も掲載しますので、ぜひ見積もり前の参考にしてみてください。

 

  

古いトイレを交換するメリット

リフォーム後の新しいトイレ 

 

水漏れリスクを減らせる

トイレは年々水漏れのリスクが大きくなりますが、交換することで防止できるのが大きなメリット。

トイレと給排水管やタンクと便器の接続部にはゴムパッキンが使用されているため、経年劣化ですき間から水漏れしやすくなります。

また給水管は基本的に30年の耐用年数で設計されているので、それ以上使うと水漏れリスクが高まります。

ゴムパッキンや給水管は交換も可能ですが、トイレ本体交換と同じ手間がかかるので、長年使ったなら一新したほうがオトクと言えるでしょう。

水漏れは床下の木部腐食やシロアリ被害などに発展する恐れがあるので、適切なタイミングでトイレ交換してリスクを回避してください。

 

節水・節電になる

昔の古いトイレと比べて現在の製品は節水・節電性能が高くなっていて、交換すると節約効果が期待できるのもメリットの一つ。

20年くらい前のトイレは、1回で1018リットルの水を流す製品が多いです。対して最近のトイレは1回の水量が56リットル前後の製品が多く、水道代の節約になります。

暖房便座やウォシュレットも節電性能がアップしているので、電気代も安く収まります。

早めに交換することで水道光熱費が安くなるので、結果的にお得になることが多いです。

 

水あか汚れが付きにくい

新しいトイレはコーティングされているため、水あか汚れなどが付きにくいのもうれしいポイント。

昔のトイレも陶器なので汚れは付きにくいのですが、長年使うと表面が摩耗して水あかが付きやすくなります。

また便器のコーティングも進化しているので、さらに汚れが付きにくくなってお掃除頻度を減らすことができます。

 

お掃除しやすい

古いトイレと比べて、現代の製品は便器やタンクのお掃除もしやすくなっています。

最近は便器のフチが無い形状が一般的になっていて、拭き掃除がサッとできるものが多いです。便座もつなぎ目が少なくなり、昇降機能ですき間のお掃除をしやすくなっている製品もあります。

便器表面の凹凸も少なくなっているので、ほこりが溜まりにくくお掃除もラクちん♪

さらにタンクレストイレやタンク一体型トイレなど、お掃除に特化した製品も多くリリースされています。

 

便利な機能が選べる

トイレの機能も進化して種類が増えており、便利なオプションを選べるのもトイレ交換のメリットです。

フタの閉め忘れを防ぐオート開閉、お部屋の脱臭や暖房など、快適性や清潔をキープするための機能もたくさん。

便器内に除菌水や洗浄水を流す、自動洗浄機能を持ったトイレもあります。

 

気持ちよく使える

機能や安全性はもちろんですが、トイレ全体が新しくなることで新築時のような気持ちよさがよみがえるのもメリットの一つと言えます。

トイレは毎日何度も使う場所ですから、キレイで気持ち良い空間にすると気分も変わります。

 

古いトイレのおしゃれリフォーム事例

 

事例① タイルを活かしたトイレ交換

リフォーム前の古いタイルトイレ

タイルを活かしたトイレリフォーム

施工先 日高市
施工内容 トイレ交換、専用コンセント増設
工期 1日
費用目安 20万程度
使用製品 TOTO ピュアレスト

 

事例詳細⇒埼玉県日高市トイレリフォーム

タイル内装の古いトイレでも、状態が良ければそのまま活かしてリーズナブルな価格でリフォームすることができます。

タイルはひび割れや剥がれが無ければ、お掃除するだけでピカピカになることも多いです。

 

事例② トイレ全体をアップデート

リフォーム前の古いトイレ

リフォーム後の新しいトイレ

施工先 三芳町
施工内容 トイレ交換、内装張替工事
工期 1日
費用目安 20万円程度
使用製品 TOTO ピュアレストQR

事例詳細⇒埼玉県三芳町トイレリフォーム

トイレ本体・内装・紙巻き器など、全体のアップデートで新築同様の使い勝手とデザインに仕上げました。

埋め込みペーパーホルダーの下地工事

埋め込みタイプの紙巻き器

紙巻き器は埋め込み式の収納タイプで、紙切れの心配なくお掃除用品もすっきりしまえます。

 

事例③ 1F2Fを同時に交換

1F

リフォーム前の古いトイレ 1F

リフォーム後の新しいトイレ 1F

2F

リフォーム前の2Fトイレ

リフォーム後の新しいトイレ 2F

施工先 川越市
施工内容 トイレリフォーム
工期 1日
費用目安 30万程度
使用製品 TOTO ピュアレスト

 

事例詳細⇒埼玉県川越市トイレリフォーム

一戸建てでトイレが二か所あるなら、同時に交換するのがおすすめです。

上下階同時に交換することで費用を抑えることができ、2か所とも使い勝手・お掃除効率がアップしてラクちん♪

 

古いトイレで検討したいリフォーム

 

換気扇

トイレのパイプファンを付けるための穴

窓が付いているトイレでも、小さな換気扇を付けると快適性や清潔感がアップするのでおすすめです。

窓を開けるより早く空気を入れ替えられるので、忙しい朝の時間に家族で快適に使えます。

また湿気が溜まりにくくなるので、結露やカビを防止できるのも換気扇のメリット。

窓を開けずに換気できるので、防犯リスク対策にもなります。

 

手すり

二つの手すりを付けたトイレ

トイレの内装貼り替えも同時に行うなら、一緒に手すりの設置も検討しましょう。内装工事と一緒なら下地をしっかり入れられますし、余計な補修費用が掛かりません。

今まで手すりがない生活に慣れていると気になりませんが、設置すると自然に使っていることも多いです。

手すりは一度つけておけば老後まで長く使えますから、リフォームの機会にぜひ検討してみてください。

 

ペーパーホルダー/タオル掛け

新しいペーパーホルダー

トイレ本体が新しくなると、ペーパーホルダーやタオル掛けなどの古さが気になることが多いです。

特にペーパーホルダーは2連タイプや収納付きにすると利便性もアップするので、ぜひ検討したいメニュー。

費用対効果が大きいので、ぜひトイレと一緒に交換してみてください。

 

他の水回り設備

水回り4点リフォーム

水回り設備の交換時期は大体同じなので、トイレ交換と同時にほかのリフォームも検討してみましょう。

洗面台・キッチン・ユニットバスは職人の種類が一緒なので、単品工事より同時にリフォームするほうがお得になるのです。

新築から2030年使っているなら交換タイミングなので、一緒にリフォームを検討してみてください。

水回り設備を同時リフォームするメリットはこちらのコラムでも解説しています。

関連コラム

 

古いトイレのDIYは可能?

トイレの配管工事

最近はインターネット通販やプロ向けショップなどで便器や便座が手に入るため、DIY交換を検討する方も増えています。

結論からお伝えすると、給排水管を移動しない単純なトイレ交換なら一般の方でもDIY可能です。ただし水漏れリスクや既存便器の処分などが考えられるため、基本的にはプロに依頼するのがおすすめです。

給排水管の接続はプロの職人でも特に気を使う部分で、水漏れが発生すると床下地や土台などが腐食する恐れがあります。

また交換した便器タンクは産業廃棄物になるため、自治体によっては粗大ごみとして処分できません。その場合は、専門業者への持ち込みなど手間と処分費用が掛かります。

トイレは一度交換したら長く使う設備ですから、費用・耐久性どちらを考えても信頼できる専門家に頼むのが良いでしょう。

 

まとめ

2030年前後使った古いトイレは、交換するメリットが大きいのでリフォームを検討しましょう。

トイレは一度交換すると長く使う設備なので、なるべく地元の信頼できるリフォーム店に相談してください。

 

ハウスリンクの店舗とスタッフ

入間・狭山・所沢・青梅周辺でトイレ交換をご検討の際は、リフォーム専門店のハウスリンクにおまかせ。

累計3000件以上のリフォーム実績で培った技術と仕入れノウハウで、リーズナブル&高品質なトイレ交換をご提案いたします。

現地調査・見積もりは無料となっていますので、点検のつもりでお気軽にご相談ください。

ご相談訪問見積無料のバナー

ユニットバス展示中のバナー

ハウスリンクの施工実績

フォームでのお問い合わせ

    リフォームに関するお問い合わせ・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。
    (ご相談・現場調査・お見積りは無料です。ご契約いただくまでは費用は発生いたしません。)
    フォームでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、 営業時間外やお電話が混み合っている場合にご利用ください。

    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス任意
    郵便番号必須
    ご住所必須
    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ご相談の種類|概要必須
    ご相談内容|概要必須
    ご相談内容|詳細任意