築40年300万円リフォームの優先順位|どこまでできるか解説

築40年の家 300万円リフォーム

この記事では、築40年前後の家を300万円でリフォームする際の優先順位を解説します。

300万円でどこまでリフォームできるのか、その後何年暮らせるのかなど、気になるポイントも掘り下げます。

ご自宅・中古住宅どちらのパターンにも役立ちますので、ぜひリフォーム計画の参考にしてください。

 


コラムのポイント

・予算300万円リフォームの優先順位を把握し、住まいを長持ちさせましょう。

・築40年の家で優先すべきリフォームは、水回り⇒外装⇒内装の順番です。


 

 

予算300万円リフォームは優先順位を明確に

予算300万円の水回りリフォーム

築40年の家ではやるべきリフォームが多いため、予算300万円の中で優先順位を明確にする必要があります。

優先順位を付けないと内容がどんどん膨らんでしまい、すぐ予算オーバーになってしまいます。

築40年で特に優先すべきなのは、建物の耐久性・性能に関するリフォームです。

壁紙やフローリングなど見た目をキレイにするだけだと、水漏れや雨漏りなどが進行して住まいの寿命が短くなってしまう可能性があります。

今の建物の状態、これから何年暮らすのかなどを踏まえて、リフォームの優先順位を明確にしましょう。

 

築40年300万円リフォームの優先順位

築40年のお住まいのリフォームでは、次の優先順位を意識して計画を立ててみてください。

それぞれの費用相場も紹介します。

 

優先順位①お風呂リフォーム

築40年の家の在来浴室

築40年前後でタイルの在来浴室のお住まいは、お風呂リフォームを優先して検討しましょう。

 

在来浴室の水漏れから土台腐食

在来浴室は長年使うとタイルのすき間から水漏れしやすく、土台の腐食やシロアリ被害などに発展する可能性があります。

また新しいユニットバスと比べると断熱性や安全性が低いため、リフォームによる使い勝手向上効果も大きいです。

お風呂リフォームの費用相場は80~120万円前後です。

 

〈関連コラム〉

お風呂の床下水漏れの修理方法と費用相場

古いお風呂⇒ユニットバスのリフォーム事例&費用

ユニットバス1216サイズの工事費込み価格10選

1616ユニットバスの工事費込み価格8選

 

 

優先順位②洗面所リフォーム

築40年の家の洗面所リフォーム

お風呂場と隣接する洗面所リフォームも、築40年の家で優先順位の高い工事です。

洗面台交換はお風呂リフォームと同じ職人が作業するため、一緒にリフォームすると費用を抑えられます。

また築40年経つとお風呂場からの湿気や水分で、洗面所の床や土台まで腐食しているケースも多いです。

お風呂リフォームと同じ期間で工事できることも多いので、洗面化粧台・内装も一緒に検討してみましょう。

洗面所リフォームは設備・内装込みで15~30万円前後が費用相場です。

 

〈関連コラム〉

お風呂と洗面所を一緒にリフォームすべき理由

洗面台工事費込みリフォーム事例6選

 

 

優先順位③外壁・屋根リフォーム

築40年の家の外壁塗装

マイホームを雨風から守るための外壁・屋根リフォームも、優先順位を高めに考えましょう。

前回の外壁・屋根メンテナンスから10年以上経っている場合は、①②と同じくらい優先順位を高めたほうが良いかもしれません。

 

張り替えタイミングのトタン屋根

外壁・屋根の防水が切れると雨水が侵入し、柱・梁・土台などの木部を腐らせてしまいます。

新築時から40年間塗装で外壁屋根をメンテナンスしている場合は、張り替え・葺き替えのタイミングを迎えます。

耐用年数を過ぎると塗装してもひび割れから雨漏りするリスクが高くなるため、塗装だけでなく張り替えや葺き替えも検討しましょう。

外壁屋根塗装の費用相場は120万円~、葺き替え・張り替えは200万円~が費用相場となります。

 

〈関連コラム〉

外壁塗装セルフチェック方法を覚えよう

 

 

優先順位④シロアリ消毒

シロアリ被害にあった築40年の家の土台

築40年以上のお住まいで床下のメンテナンスをしていない場合、シロアリの点検・消毒も優先的に検討しましょう。

戸建て住宅の土台はシロアリ対策の薬剤が注入されていますが、年数が経つと効果が薄れて狙われやすくなります。

特に築年数が経つほど床下の湿気や腐食などが発生しやすく、シロアリ被害に遭いやすいので要注意。

家を支える土台や柱をシロアリに食べられてしまうと、耐震性が不足して多額の補修費用が掛かるケースが多いです。

シロアリ消毒の費用相場は一坪あたり6,000~10,000円前後です。住まいの寿命に影響する内容なので、一度点検してもらうのがおすすめ。

 

 

優先順位⑤トイレリフォーム

築40年の家のトイレリフォーム

トイレは水回りの中でも耐用年数が長い設備ですが、40年近く使っているなら優先順位高めに検討したい場所です。

古いトイレはタンクの水量が多く、内部や接続部のパッキンも劣化しているので水漏れリスクも増加します。

新しいトイレにリフォームすると節水・節電効果が期待でき、水漏れを防いで大切なマイホームの長寿命化につながります。

表面のコーティングやお掃除しやすい形状など、毎日のお手入れもラクになるので積極的に検討してみてください。

トイレリフォームの費用相場は内装とセットで13万円前後~です。詳しい費用感はこちらのコラムでも解説しています。

 

〈関連コラム〉

トイレ交換の工事費込みリフォーム事例6選

古いトイレを交換するメリット|おしゃれなトイレリフォーム事例

タンクレストイレはやめたほうがいいと言われる理由

 

 

優先順位⑤キッチンリフォーム

築40年の家のキッチンリフォーム

新築時のキッチンをそのまま使っているなら、新しいシステムキッチンにリフォームするのがおすすめです。

40年前のブロックキッチンと比べると、システムキッチンは清掃性・デザイン・お料理効率などが大きくアップすることが多いです。

毎日のお料理はもちろん、お掃除の手間と時間も軽減できるのはうれしいポイント♪

キッチンリフォームの費用相場はレイアウトによって変わりますが、80万円~が目安となります。詳しい費用感はこちらのコラムも参考にしてみてください。

 

〈関連コラム〉

システムキッチン工事費込み価格事例6選!

【令和版】キッチンリフォームの失敗例と対策

ブロックキッチンとシステムキッチンの違い|メリット・デメリットを比較

 

ハウスリンクの施工実績

 

 

築40年の家をリフォームして何年住める?

リフォーム中の築40年の家

実際に築40年のリフォーム計画を立てる場合、300万円のお金を掛けて何年住めるのかも気になりますよね。

結論から言えば、築40年の家でもしっかりメンテナンスすれば、100年近く住むことは難しくありません。

今回ご紹介した雨漏り・水漏れ・シロアリなど耐久性に関わる部分を正しくメンテナンスすれば、すぐ住めなくなってしまう心配は少ないでしょう。

ただしノウハウや施工力の低いリフォーム店や工務店だと、劣化やトラブルを見逃してすぐ住めなくなってしまうかもしれません。

築40年のリフォームでは、信頼できる施工店を見つけてやるべき工事をしっかりアドバイスしてもらいましょう。

 

〈関連コラム〉

築40年でやるべきリフォーム|建て替えとの分かれ目や補助金も解説

リフォーム業者の探し方と優良業者の見極めについて

 

 

まとめ

築40年前後の家を300万円でリフォームする場合、優先順位を付けて考えることが大切です。

予算オーバーはもちろんですが、必要なリフォームを見逃してすぐ住めなくなっては意味がありません。

水回り・外装・内装など幅ひろいリフォームに精通している施工店に相談して、予算内でしっかりメンテナンスしてもらいましょう。

 

ハウスリンクの店舗とスタッフ

埼玉県入間市周辺のリフォーム工事は、地域密着のハウスリンクにご相談ください。

累計3000件以上のリフォーム実績で培った技術とノウハウで、お住まいを正確に診断し必要な工事をご提案いたします。

現地調査・お見積もりは無料です。入間市藤沢にはリフォームショールームもございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談訪問見積無料のバナー

ユニットバス展示中のバナー

住所 〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢638-1
TEL 04-2968-4581
FAX 04-2968-4582
対応エリア 埼玉県入間市、所沢市、狭山市、飯能市、東京都青梅市、瑞穂町、武蔵村山市

フォームでのお問い合わせ

    リフォームに関するお問い合わせ・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。
    (ご相談・現場調査・お見積りは無料です。ご契約いただくまでは費用は発生いたしません。)
    フォームでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので、 営業時間外やお電話が混み合っている場合にご利用ください。

    お名前必須
    電話番号必須
    メールアドレス任意
    郵便番号必須
    ご住所必須
    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ご相談の種類|概要必須
    ご相談内容|概要必須
    ご相談内容|詳細任意